【高野遼のこと】

<高野遼は永遠に生まれながらのトリコロールだ>
今となっては過去のことだが山中の唐突な浦和へのショッキングな移籍ニュースのことはまだ忘れていない。
クラブにとってもサポーターにとっても恐らく寝耳に水で、戦力構想としては想定外の出来事だった。
柏からやってきた山中はマリノスに来るまでとても順風満帆とは言えないキャリアを歩んできたが、その可能性を見定めたのはマリノスの強化部であり、エリク・モンバエルツとアンジェ・ポステコグルーの両監督によって彼の才能が開花したと言って良い。
日本代表に選ばれたのもマリノスでの活躍があってこそだっただろう。
しかし、優勝を目指す年に彼は唐突にマリノスを去る。

2019年の開幕アウェイvsガンバ戦、左サイドバックにスタメンで出場した高野遼は小生の期待を大きく超えた。
これはいける、今年はいける。
そんな確信を持たせるゲームだった。
この試合一番のサプライズは三好の初ゴールでもなく、エジガルの初ゴールでもなく、ポステコグルー監督の戦術をよくd理解し機能した高野と広瀬の両サイドバックのスピードと力強さだった。

ここまで高野が出来るとは!
小生の中で高野は救世主となった。

「山中いなくてもいいじゃん。」
「高野がいればいいよね。」
ガンバ戦の帰り道そういう声はずいぶん耳に入ってきたし、小生と同じ気持ちだったサポーターも随分いるんじゃないだろうか。

アウェイ仙台戦での松原へのクロス
アウェイ磐田戦での仲川へのサイドチェンジ

同年怪我に泣かされることもあったが、それでも高野は2019の優勝の立役者の一人であり、甲府での武者修行で成果をあげ成長して帰還した生まれながらのトリコロールの後継者であり、そしてマリノスに憧れる若い世代に夢を与える努力の人である。

高野がマリノスを去るのは寂しい。
それでもこれからも高野を応援し続ける。

山中の移籍で感じた悔しさはいつか忘れるだろうが、高野遼が残したマリノスでの功績は小生の中でいつまでも輝き続ける。

ジュビロさん、高野ほどの選手の加入ってこれはJ1に羽ばたく片翼を得たも同然。
うちの重要戦力を持っていくのだから移籍金ははずんでいただけるのでしょうな?

IMG_3284 (2).JPG


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへmbh-banner

"【高野遼のこと】"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。